イメージ画像

保険が適応となるのか?

レーシック手術を受ける際に大きなネックとなるのが費用の問題です。最近では格安料金で受けられるクリニックも増えていますが、あまりにも安すぎる場合、衛生面や設備面、サービス面に問題を抱えていることも多いという問題も出てきます。価格は術式の種類によって異なりますが、数十万円程度の出費は覚悟しなければなりません。

自由診療

そもそもレーシックの負担がこれだけ大きいのは健康保険が適応されないからです。自由診療で全額負担となっているため、どうしても高くなってしまうのです。健康保険とは治療をしなければ日常生活に深刻な支障をきたす治療に関してのみ3割負担となるものです。レーシックは必ずしも治療が不可欠なものではないと判断されているため、範囲外とされているのです。

手術給付金

しかし、生命保険に関してはその限りではありません。加入している内容によっては手術給付金の対象としてレーシックが適応されることもあるのです。ですから、手術を受ける際にはあらかじめ担当員にレーシック手術が対象となっているかどうかを確認しておくことが重要になります。また新たに加入する場合には適応できるかどうかを判断材料にするという方法もあります。

うまくいけば手術料金の多くを給付金として回収できるかもしれません。この点はぜひとも確認しておきたいところでしょう。


関連記事


このページの先頭へ