イメージ画像

老眼を治療する最新技術

低下した視力を劇的に改善できる方法として急速に知名度を高めているレーシック。とくに近視の治療に非常に優れた効果を発揮します。受けた人の9割以上が術後の裸眼視力1.0以上を取り戻すとも言われており、メガネやコンタクトレンズの必要がなくなり裸眼での生活を送ることができるようになります。

老眼治療

そんなレーシック手術も老眼にだけは効果を発揮しないと言われてきました。この治療方法はレーザーで角膜を削り、屈折率を矯正することで視力改善効果をもたらすものです。しかし、老眼の場合は水晶体そのものが衰え、弾力性が低下するなどの原因によってもたらされるため、屈折率の矯正では効果が得られないのです。

モノビジョンレーシック

しかし、最近になって一定の効果をもたらすことができる最新技術のレーシックが登場しました。「モノビジョンレーシック」と呼ばれるもので、これは一方の目を遠くまで見えるように、もう一方の目を近くが見えるように矯正するもので、これによって遠くも近くもよく見えるようにすることができます。

老眼鏡は「遠近両用メガネ」と言われるように、遠いところと近いところも両方見えるようにするメガネです。このモノビジョンレーシックはそれと同じ効果を手術によってもたらすことができるというわけです。

また、レーシック以外では「伝導性角膜形成術」という手術方法も登場しています。

最新技術のためまだ広く普及していない状況ですが、今後有効な治療法として注目度を高めていくことが予想されています。レーシックは役だたないと思った人は今回取り上げた方法がどのようなものなのか、詳しい内容をチェックしてみてはいかがでしょうか。



関連記事


このページの先頭へ