イメージ画像

遠視の視力回復方法

視力矯正に優れた効果を発揮する治療法として名高いレーシック。しかしこの治療法は近視の矯正がメインとなっています。

そのため遠視では視力回復が望めないと思っている人も多いようです。しかし実際にはレーシック手術での視力矯正も可能です。

視力回復可能

遠視では近視の際に行うエキシマレーザーの照射のパターンを変更するという視力回復方法が行われます。近視同様優れた視力回復効果を得ることができるため、悩まされている人は検討してみるとよいかもしれません。

ただし、40代以降、老眼の兆候が現れた場合ではレーシックの効果が十分に得られなくなります。また、レーシックは未成年には受けることができないので注意が必要です。

トレーニング

医療機関での治療以外の視力回復方法としては日常生活でのトレーニングも挙げられます。これは遠近トレーニングと呼ばれるもので、遠いものと近いものを交互に見るもので、50センチ程度の距離のものと、遠い風景を交互に見ていくことで毛様体を鍛え、視力を回復する効果を得ることができます。

遠視は近視以上に厄介な症状とも言われています。医療機関で治療を受けるにしろ、トレーニングで対処するにしろ、早めに対策を行うことが重要となるでしょう。


関連記事


このページの先頭へ