イメージ画像

レーシックで乱視治療

近視の治療に大きな効果を発揮するレーシック。しかし治療の対象は近視だけに留まりません。乱視の治療も可能なのです。

かつてはレーシックで乱視治療を行うのは難しいといわれていました。乱視は近視に比べて視力の矯正が複雑になってしまうためです。しかし、技術が進歩したことにより、乱視の矯正も可能になっているのです。

乱視も近視と同様、角膜の屈折率を矯正することによって視力を取り戻すことができます。近視の患者の中にも乱視が混ざっているケースもあるので、もともと乱視治療は決して不可能なことではありませんでした。

最新技術

それに加えて最近ではカスタムビューやフラップの作成にイントラレーザーなど最新技術を使用するようになったことで複雑な乱視の矯正も充分可能な状況になったのです。

ただし、乱視治療の場合はより高度な技術が必要となるため、手術を行う医療機関の選択が重要になってきます。できれば乱視の矯正に実績のあるところを選びたいところ。公式サイトなどに掲載されている症例や実績をよくチェックするとよいでしょう。

アフターケアの重要性

それからアフターケア。近視に比べて乱視の場合、術後に視力が戻ったり後遺症が発生しやすいとも言われています。再手術や検査などを無料で行ってくれるなどアフターケアが充実したところを選ぶとよいでしょう。

そして何より、事前に医師とよく相談し、もっとも適した治療方法を選択することが重要になってきます。乱視だからといって諦めずにレーシックによる治療を模索してみるとよいでしょう。


関連記事


このページの先頭へ