イメージ画像

症状別に探すレーシック治療

現在、レーシックにはさまざまな種類が存在しています。現在でも最新の技術が続々と登場している状況です。それはより安全・確実に治療効果を発揮するためであるだけでなく、より細かい症状別に理想的な方法を採用できるようにするためです。

ですから、レーシックを受けようと思った場合にはそれぞれの症状にあわせた方法を探す必要があるのです。

角膜が薄い

たとえば角膜が薄い場合。通常の方法ではフラップの作成や角膜を削ることができないために手術が不可能な場合があります。

そんな場合にはより精密な機器でフラップの作成を行うことができるイントラレーシックという方法が理想的です。もともと角膜が薄い場合だけでなく、術後に視力が元に戻ってしまい再手術が必要になった場合にも適した方法です。

スポーツ選手

あるいはスポーツ選手など、激しい運動を行う場合。通常のフラップでは衝撃に堪えることができずに外れてしまう可能性があります。そんな場合にはフラップを作成せずに角膜の上皮を取り除いてレーザーを照射するRPKという方法が適しています。またこれも角膜の厚みが足りない人に適用できる方法でもあります。

このように、症状に合わせて理想的な治療方法を探すことでもっとも適した選択肢を見つけることができます。まずはどのような種類があるのか、そしてその内容から自分に適しているのはどの方法なのかを詳しく調べてみるところから始めてみてはいかがでしょうか。手術を受ける医療機関の選択にも関わってくる問題だけにしっかりとチェックしたいところです。

関連記事

老眼を治療

最近では技術の進歩もあって近視と一緒に老眼治療も行うことができるようになっています。この技術はカメラレーシックと呼ばれるもので、レーシック手術を行う際に作成するフラップにリング状のシートを挿入する...

乱視治療

レーシックで乱視治療を行うのは難しいといわれていました。乱視は近視に比べて視力の矯正が複雑になってしまうためです。しかし、技術が進歩したことにより、乱視の矯正も可能になって...

強度の近視の視力回復

気になるのが「どれぐらいの近視まで効果があるのか」でしょう。強度の近視の場合にはどの程度の視力回復が期待できるのでしょうか。強度の近視とは屈折度数が-6D以上~-10D未満のことを...

遠視の視力回復方法

遠視では視力回復が望めないと思っている人も多いようです。しかし実際にはレーシック手術での視力矯正も可能です。遠視では近視の際に行うエキシマレーザーの照射のパターンを...

このページの先頭へ