イメージ画像

老眼治療できる医院(クリニック)

長らくレーシック手術では老眼の治療はできないと言われてきました。眼科医院では老眼に効果のある「CK」などの治療方法を取り扱うところもありますが、近くが見えやすくなる反面、遠くが見えにくくなるという欠点がありました。

カメラレーシック

しかし最近では技術の進歩もあって近視と一緒に老眼治療も行うことができるようになっています。この技術はカメラレーシックと呼ばれるもので、レーシック手術を行う際に作成するフラップにリング状のシートを挿入するというものです。

このリング状のシートはカメラインレーと呼ばれており、直径3.8mm、厚さ5ミクロンというコンタクトレンズ以上に薄いもので、これを装着することによって近くのものがより鮮明に見えるようになのです。

対応できる医院

この老眼治療を導入しているのは
レーシック手術の草分け的存在でも知られる品川近視クリニック
ここでは40~65歳までの人を対象にこの治療を行っており、白内障・緑内障を患っていないことが条件となっています。気になるのは費用ですが37万円から受けることが可能です。

3年間の保障期間も設けられており、術後の定期健診や視力が戻ってしまう問題にもしっかりと対処しています。

老眼の治療ができる眼科医院がないかと探している人も多いと思いますが、この治療方法なら近視と一緒に効果的な治療を行うことができます。老眼鏡のお世話になっている人、新聞や本をもっとよく、快適に読みたいと思っている人はこの新たな治療法を試してみてはいかがでしょうか。




関連記事


このページの先頭へ