イメージ画像

レーシックとはどんな手術なの?

視力矯正に非常に高い効果を発揮することで注目を集めているレーシック。
手術を受けた人の9割以上が裸眼視力1.0以上を取り戻すことができるといわれています。技術の進歩によってその精度と効果はさらに高まっている状況です。

エキシマレーザー

このレーシックとは角膜にエキシマレーザーというレーザーを照射し、屈折率の矯正を行うことによって視力回復を目指すものです。

その際、まず角膜の表面をスライスし、「フラップ」と呼ばれる蓋状のものを作成します。そのフラップをめくった状態でエキシマレーザーを照射、角膜を削って屈折率を矯正することになります。

このように、非常に精密な手術となっています。術後すぐに視力の回復が実感できると言われていますが、実際に通常の生活に戻るためには作成したフラップがしっかりと癒着する必要があります。

レーシック適応条件

レーシックはだれでも受けられるわけではなく、ある程度の条件があります。
まずフラップを作成してレーザーを照射できるほどの角膜の厚さがあるか。

また激しい運動を行う人は衝撃でフラップが外れてしまうことがあるので手術ができない場合もあります。ただこれらの問題は技術の進歩によって解消されつつあるので、興味がある人はまず自分が受けられるのか、受けるとしたどのような方法があるのかをチェックしてみるとよいでしょう。

関連記事

リスク

劇的に視力を回復することができる方法として名高いレーシック手術。知名度の向上も合って普及が進んでいます。しかしこの治療法にはリスクも伴うことを忘れてはいけません...

失敗例

普及が進んでいるレーシック。技術の進歩もあってより安全に、確実に受けられるようになっていますが、症例の数が多くなっていくにつれ失敗例が話題になるケースも増えてきました...

失明例

レーシックが普及していくことで逆に安全性に関する不安が指摘されるようになっています。とくに2009年に起こった集団感染の事故では一人の患者が失明の危機にまで陥ったことで大きな問題となり...

後遺症

レーシックを受ける際に大きな不安となるのが後遺症の問題です。感染症の場合はクリニックの衛生管理などが問題となるため、信頼できるクリニックを選ぶことで対処することができます...

このページの先頭へ