イメージ画像

保証制度と症例数で比較

レーシックを受けるクリニックを選ぶ際に忘れてはならないのが実績とアフターケア。いくら料金が安くても技術面で信頼できないようなクリニックでは受けたくないものです。そのためにも過去の症例数と保証制度は重要なポイントとなります。

レーシック医院名 保証制度 症例数・PR
品川近視クリニック
品川近視社画像
1~15年保証
術式により保障期間が違います。
580,000症例以上
オリコン顧客満足度
総合4位(2010年度)

アキュフォーカス+レーシック(老眼治療)
無料託児所完備
交通費も地域により1万円補助
神戸神奈川アイクリニック
神戸社画像
生涯保証
(稀に発生する近視の戻りを保障・術後の検診や相談・万が一の合併症の治療も無料)
80,000症例以上
オリコン顧客満足度
総合3位(2010年度)

アメリカ国立航空宇宙局(NASA)が宇宙飛行士にも承認した唯一の屈折矯正手術アイレーシック(iLASIK)国内症例数No.1
新宿近視クリニック
SBC新宿近視社画像
生涯保証
(術式によりますが、万が一回復した視力が低下した場合に追加照射を無料で受けることができます。)
定期検診も術後10年までは無料
13,798症例以上
オリコン顧客満足度
総合2位(2010年度)

学生の方3万円割引中
消防士・自衛官・警察官も3万円OFF
銀座近視クリニック
銀座近視社画像
3年間の保障 40,000例以上
低価格の8万円から
職業や年齢などから自分にあったレーシック施術が選べる
錦糸眼科
錦糸眼科社画像
術後5年間の再治療は、
1度に限り無料
30,000症例以上
オリコン顧客満足度
総合5位(2010年度)

有名どころのクリニックの症例数の比較では品川近視クリニックが断然の存在となっており、すでに70万症例を超えています。これは日本ではトップの数字です。

それから新宿近視クリニックは1万症例、神戸神奈川アイクリニックでは10万症例の実績を誇っています。ただし、クリニック全体だけでなく、各執刀医ごとの実績のチェックも重要となります。

それから保証制度。ここでは新宿近視クリニックと神戸神奈川アイクリニックが生涯保証を導入しています。万一後遺症が発症したり、視力が戻ってしまった場合にも追加料金をとられることなく再治療を受けることができます。

品川近視クリニックでは最大で15年間、もっとも期間が短いプラチナレーシック手術では1年間の保障期間となっています。この比較では新宿近視クリニックと神戸神奈川アイクリニックに軍配が上がるとみてよいでしょう。

こうした比較をチェックした上でレーシックを受けるクリニックを判断してはいかがでしょうか。




このページの先頭へ